皆さんは、外壁塗装の重要性について考えた事がありますか?
外壁塗装は、大切な家を守るために絶対に必要な作業ですので、ある程度の年数を経過したら外壁塗装をするようにしましょう。
そもそもなぜ、外壁塗装が必要なのでしょうか?
新築で家を購入した場合には、当然塗装屋さんが屋根や外壁を塗装した状態で引き渡してくれていますが、約10年ほどすると効果が薄くなってしまうのです。
塗料に含まれている塗膜が屋根や外壁を紫外線や雨、雪などからしっかりと保護してくれていますが、その効果が続くのが約10年前後なのです。
ですから、効果が切れた状態のままにしてしまうと屋根や外壁の劣化が進行して最悪の場合雨漏りをしたり外壁にひびが入ったりする事になります。
外壁塗装をする際の色選びのポイントですが白は避けた方が良いでしょう。
白は汚れがとても目立ちますので避けましょう。
1度塗装をすると10年ほどはそのままになりますので、しっかりと色を考える必要があります。
あまり奇抜な色は周りの家と調和しませんし、目立ちますので周りの環境にも配慮しながら色を選ぶのが良いでしょう。
外壁塗装をする業者選びも重要。
安いからという理由だけで業者を選ぶのは危険ですので注意しましょう。
外壁の色選びのポイントに興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒外壁 色選び ポイント

関連記事